TOP > 妊娠と不妊症について考える > 女性不妊の診断方法

女性不妊の診断方法

この項からは、女性の不妊症原因について詳しく触れてみたいと思います。まず、女性の不妊症診断の様々な検査法についてです。

○問診…
女性が不妊症かどうかチェックするには、基礎体温を計ることから始まります。何故なら基礎体温を計ることによって、排卵の有無を確認することができるからです。もちろん、排卵が確認されなければ不妊症と診断されます。どちらにしても、赤ちゃんを授かりたいと思っているのであれば、普段から基礎体温を計っておくべきだと思います。

○超音波検査…
超音波検査とは超音波診断装置を使うことによって、子宮の大きさや位置はもちろんのこと、子宮の状態・卵管の状態(=子宮筋腫や卵巣嚢腫など)が正常であるかどうかチェックする検査法です。

○子宮卵管造影…
造影=レントゲン撮影のことをいいます。まず子宮卵管造影をする前に、子宮の入り口から造影剤を注入します(=鮮明なレントゲン画像が撮れるようにするため)。そしてレントゲン撮影をすることによって、子宮の内側や卵管の詰まり具合等々をチェックすることができます。

○子宮鏡検査…
子宮鏡検査とは、3mm程度の子宮鏡という器具を子宮内に挿入することで、子宮の内側やポリープ等々をチェックする確認方法です。

○ホルモン検査…
女性ホルモンなどを検査することで、妊娠・排卵が上手くいかない原因を探るための検査法です。

○抗精子抗体…
抗精子抗体は、採血によってチェックすることができます。女性の身体には、稀に「精子の動きを止めてしまう」抗体を持っている場合があります。その抗体を、抗精子抗体といいます。仮に女性が抗精子抗体を持っていることがわかれば、体外受精をしなければ妊娠することはできません。

○フーナテスト…
女性の排卵が正常な場合、排卵時になると子宮から大量に粘着質のオリモノを分泌します(=精子が、子宮に入り易くするためのものです)。しかし、子宮頚管など様々な疾病を起こしている場合/子宮から分泌される粘着質のオリモノに精子を死滅させる抗体がある場合…それらは、不妊症の原因となります。フーナテストとはそうした検査をするために、検査3~8時間前に性交渉を行い、子宮頚管の内側から粘膜を採取してチェックするテストです。

○感染症の検査…
クラミジア・結核などの感染症を併発していれば、卵管や卵巣が癒着する/詰まることがあります。それをチェックするために、感染症の検査を行います。また感染症の検査方法として、血液検査(=採決)/子宮の入口部分の粘膜を採取する2通りがあります。
このように女性不妊の診断方法は、何種類もあります。そして、それだけでも女性にかかる負担は、非常に大きいことがわかると思います。