TOP > 妊娠と不妊症について考える > 女性の不妊原因…子宮着床障害…

女性の不妊原因…子宮着床障害…

排卵した卵子と精子が、無事受精に成功→受精卵は細胞分裂を繰り返しながら、卵管を通り抜けます。そして受精卵が子宮内膜に着床すれば、妊娠となります。しかし受精卵が子宮内に行くことができたとしても、子宮内膜に着床しないことも往々にしてあるのです。
実は着床しなかった受精卵は、そのまま子宮を通り抜けてしまうのです。そうした症状を、「子宮着床障害」といいます。しかし何故、受精卵は子宮内膜に着床することができなかったのでしょう。どんな原因が、子宮に隠されているのでしょう。
実は、「子宮着床障害」は子宮内の障害/ホルモン分泌の異常が原因としてわかっています。

○子宮内の障害について…
子宮内膜は受精卵を着床しやすくするため、十分厚く=粘着性を持つ)なる必要があります。つまり、受精卵を受け入れる準備をしなければならないのです。当然、受け入れ準備が備わっていなければ…受精卵は、子宮を通り抜けてしまうのです(=「子宮着床障害」)。受精卵が子宮内膜に着床することができない疾病として、子宮奇形/子宮内の癒着/子宮内膜症/子宮筋腫/子宮内膜ポリープなどが挙げられます。

○ホルモン分泌の異常について…
子宮内膜は、エストロゲン(卵胞ホルモン)/プロゲステロン(黄体ホルモン)が正常に分泌されることによって、月経開始から内膜を厚くする作用があります。子宮内膜が厚くなることで、受精卵が着床しやすくなるわけです。
その作用にはプロゲステロン(黄体ホルモン)が、大きく関与しています。プロゲステロン(黄体ホルモン)の分泌が不十分であれば、子宮内膜の厚みができず…結果として、着床しにくくなるのです(=黄体機能不全)。(ちなみに、子宮内膜の厚さが6mm以下であれば、受精卵の着床は難しいとされています。)
上記で明記した原因によって、「子宮着床障害」は発症します。では、「子宮着床障害」に対する治療法にはどのようなものがあるのでしょう。
まず「子宮着床障害」を引き起こしている疾病を突き止め、その症状に応じた対策を練らなければなりません。例えば子宮内膜ポリープや子宮筋腫の症状があった場合、子宮鏡というカメラを子宮内に挿入し、子宮内膜にできたポリープや子宮筋腫を削る治療が行われます。(子宮筋腫が重症の場合、開腹手術をする場合もあります。)
また子宮奇形(=子宮の形が変形している症状)の場合、通常通り妊娠はできますが、お腹の赤ちゃんの体重が増えにくくなることがあります。