TOP > 妊娠と不妊症について考える > 女性の不妊原因…卵管障害…

女性の不妊原因…卵管障害…

女性の不妊原因の1つに、「卵管障害」があります。
子宮には、左右に1本ずつ受精卵が通る管があります。その管が何かしらの理由で「詰まってしまう」「癒着してしまう」と、受精卵は管を通ることができなくなります。
その結果として、妊娠ができなくなる…これが「卵管障害」という症状です。実は、この「卵管障害」…最も多く発症している不妊原因なのです(=不妊症の30%が「卵管障害」です)。「卵管障害」の場合、排卵は正常に行われます。そして精子と卵子は、子宮から出ている卵管の先端部分で受精を行います。(男性の精子・女性の卵子は、共に正常です。)
晴れて結ばれた受精卵は、卵管を通って子宮に向かおうとします。しかし、卵管を通ることができないのです。何故なら…「卵管障害」だからです。そして妊娠を待ち望んでいた夫婦は、妊娠したと勘違いすることも…それが子宮外妊娠です。

○子宮外妊娠とは…
簡単にいえば子宮外で受精卵が着床し、その状態で発育する症状をいいます。子宮外妊娠は、子宮以外の2ヵ所で着床します。

・卵管に着床する=卵巣妊娠(さらに卵巣妊娠は、峡部妊娠・膨大部妊娠・間質部妊娠に分けられます)。
・腹膜に着床する=腹膜妊娠。

では何故、「卵管障害」は起こってしまうのでしょうか。何が原因なのでしょうか。

○クラミジアによる「卵管障害」…
感染症の1つクラミジアを発症することによって、卵管だけでなく卵管周囲まで炎症が広がることがあります。

○卵管の癒着…
卵管に発生する粘液栓/性感染症などによって、卵管の通り具合が悪くなる状態をいいます。上記でも触れましたが子宮外妊娠の中で、卵巣妊娠が最も多い症状です。

○卵管の閉鎖…
子宮から出ている卵管は、2本あります。仮にどちらかが閉鎖していても片方が通っていれば、自然妊娠はできます。しかし2本の卵管が閉鎖していると、妊娠自体が困難になります。

そして、こうした「卵管障害」の検査方法は2通りあります。

○子宮卵管造影検査…
子宮卵管造影検査とは、子宮内に造影剤を注入しカテーテルを挿入します。そして、造影剤の流れ方に寄よって卵管の詰まり具合をチェックします。たまに造影剤を注入することで粘液栓が取り除かれ、卵管の通りが改善することもあります。

○通水・通気検査…
子宮内部に水・炭酸ガスを注入することによって、卵管の通り具合をチェックします。子宮卵管造影検査同様、卵管の通りが改善し、無事自然妊娠する場合もあります。
女性の不妊検査は子宮に関わるため、イメージ的に「少し怖い」感じがあるかもしれません。しかしきちんと検査をすることが、自然妊娠に繋がります。将来の赤ちゃんのために、頑張ってください。