TOP > 不妊治療について > 不妊治療だけに頼らない!~セルフケアのツボ押し~
▽スポンサードサーチ


不妊治療だけに頼らない!~セルフケアのツボ押し~

不妊治療以外にも自分でできることもあり、その一つとしてツボ押しがあります。

ツボ押しとは、神経が集中する場所に存在するツボを押して、神経の通りを良くすることです。ツボ押しすることで、身体機能回復が見込めます。ツボには2種類あり、「主要ツボ」と「リモコンツボ」が存在します。どちらのツボを押すときも、息を吐きながらリラックスして押しましょう。

主要ツボ・・・患部を直接押す方法です。例えば「目の疲労」に対して目の近くのツボを押すなどがあります。症状が出ている部位にダイレクトに刺激を与えられるので、効き目が早くでます。

リモコンツボ・・・神経を介し、患部の離れた場所から働きかける、ツボ押しの方法です。神経は体の至る所に存在し、つながっています。なので患部から離れた場所からでも働きかけが可能なのです。患部の症状がひどいときや、患部に手が届かないときなどに重宝します。

不妊症に効果があると言われているツボは以下の様なものがあります。

石門・・・おへそから指3本分下辺りにあるツボです。骨盤周りの血流を促します。

関元・・・おへそから指4本分下辺りにあるツボです。卵巣機能向上の効果があります。

三陰交・・・体の内側にあるくるぶしから、約指4本分上にあるツボです。女性は様々な婦人科系に、男性には勃起障害に効果があります。

ツボを探すときのポイントは、「骨のキワでくぼんでいるところ」と、「気持ちいい、または痛いと感じるところ」を探すことです。まず、骨の近くを指で触ってたどり、くぼんでいる部分を探します。底を押してみて気持ちいい・痛いと感じる部位がツボです。そのツボをゆっくり押していきましょう。