TOP > 不妊治療について > 不妊治療~費用と検査について~
▽スポンサードサーチ


不妊治療~費用と検査について~

赤ちゃんを授かることが難しい夫婦にとって、高度生殖医療:不妊治療の医学的進歩が、「妊娠」という夢と希望をもたらしているのは、言うまでもない事実です。
その一方、夫婦の中には不妊治療を受けたい気持ちがあるにも拘わらず、断念せざるを得ない状況があるのも事実なのです。断念せざるを得ない事実…それは、不妊治療が保険適用外…つまり、自費診療だからです。この項では、不妊治療と治療費について考えてみたいと思います。
一般的に不妊治療は、自費診療です。自費診療→自身で高額費用を捻出しなければなりません。では何故、不妊治療費用は高額なのでしょうか。その理由(=原因)として、2つが挙げられます。

○不妊治療には、健康保険が適用されない…
一部の不妊治療検査、及び不妊治療は健康保険適用がなされる場合もあります。しかし高度生殖医療としての不妊治療は、健康保険適用外になります。健康保険適用=3割負担→健康保険適用外=全額自己負担…当然の結果として、不妊治療費用は高額になってしまうのです。

○不妊治療には高度医療(検査)が行われる…
日本で高度医療を行う場合、健康保険適用外になります。それ故、高度生殖医療を行う不妊治療も、当然健康保険適用外になります。更にいうならば、今までの項で明記したように不妊治療には様々な原因が考えられるため、不妊治療検査も増えることになります。つまり不妊治療検査を行えば行うほど、費用負担が増大するのです。

上記の理由(=原因)によって、どうしても不妊治療費用は高額になってしまうわけです。(※しかし少しでも不妊治療費用を軽減するために、特定不妊治療助成金制度を申請/医療費控除の確定申告などをすることができます。)

ここで、高度生殖医療:不妊治療の費用(概算)を記載しておきます。

・タイミング療法=健康が適用されるので、一般の医療費に相当します。
・人工受精=1回につき10.000~20.000円。
・体外受精=1回につき300.000~400.000円。
・顕微受精=1回につき400.000~500.000円。
(不妊治療費用は、民間医院によって費用が異なります。)

このように、不妊治療費用はいかに高額であるか理解されたと思います。
赤ちゃんを授かることが難しい夫婦は、上記で示した費用なども十分相談したうえで、不妊治療に踏み切るべきかどうか検討しなければなりません。