TOP > 妊娠と不妊症について考える > 男性不妊の診断方法

男性不妊の診断方法

「妊娠と不妊症について考える」で、不妊の原因は女性の身体機能障害だけでなく、男性の身体機能障害による場合もあると明記してきました。しかもその確率は、かなり高い数字を示しています(=24%)。
「不妊症原因の何故~男性の場合~」では、男性不妊症の様々な原因について触れてみたいと思います。
まず、男性側に不妊の原因があるのかどうかを調べるためには、女性同様、様々な検査を行う必要があります。

○問診…
問診の確認項目として夫婦生活の状況を含め、性欲/勃起/射精の状態などをチェックします。また視診/触診によって、精巣の形・精管、前立腺の状態などもチェックします。
○精子検査…
精子検査をする場合、精子専用の容器に採取します(=検査前の数日間は、射精してはいけません)。そして、活動している精子の数/活動している精子の早さ/精子の奇形などを調べます。さらに、精液に含まれている白血球/赤血球の数も調べます。また男性自身の体調の良し悪しもあるため、1回の精子検査で終了するのではなく、数回にわたって検査する必要があります。(ちなみに精液採取する場合、コンドームを使用してはいけません。何故ならコンドームには、精子を殺すゼリーが付着している場合があるからです。)

○ホルモン検査…
もし精子検査で何らかの異常が判明した場合、ホルモン検査を行うことになります。何故なら、男性ホルモンが精巣機能に深く関与しているからです。

○精巣の組織検査…
もし精子検査で何らかの異常が判明した場合、詳しく精巣(=睾丸)の状態も検査することになります(=泌尿器科)。また精巣の組織検査の検査によって、停留睾丸/静脈瘤の有無も検査します。

○輸精管造影検査…
精巣の組織検査の1つに、輸精管造影検査があります。輸精管造影検査は精巣を切開、あるいは組織の一部を採取して検査をします。この検査によって、精巣から精嚢までの管が詰まっているかどうかを調べることができます。

○精管撮影法…
精管/精嚢腺をレントゲン撮影することによって、精子の通り道が閉塞していないかどうか調べます(=炎症を起こしている可能性があります)。
○ED治療…

ED治療=勃起障害(勃起不全)ともいわれています。ED治療の場合、神経系や血管系の異常/内分泌系の異常/ペニス疾患/心的要因など、様々な原因が考えられます。それ故、専門医としっかり相談することで、治療方針を決めていく必要があります。
このように赤ちゃんを授からないと感じているならば、夫婦ともども早めに不妊検査をすることが、結果として一番の近道になると思います。