TOP > 不妊治療について > 不妊治療だけに頼らない!~腸内環境を整えて妊娠力UP~
▽スポンサードサーチ


不妊治療だけに頼らない!~腸内環境を整えて妊娠力UP~

妊娠力UPは不妊治療だけではない

不妊治療では高額な費用がかかったりして、諦めてしまう方もいるかもしれません。

でも、妊娠力を高めるのはそれだけではありません。より手頃で、身近にできる妊娠力UPの方法があります。不妊治療だけに頼らず、まずはこちらを試してみるのもいいかもしれません。その妊娠力UPの方法として、例えば腸内環境を整えることが挙げられます。

免疫力の良し悪しが妊娠力UPにつながる

免疫力が低くなると、精液を異物とみなしてしまうことがあります。そして、妊娠に必要であるはずの精液をウイルスのように排除しようとしてしまいます。

ですから免疫能力を向上させると妊娠できる確率も高くなります。その免疫力を高める方法として腸内環境を整えることが重要になるのです。

理想的な腸内環境とは

腸内には様々な菌が存在しています。そして、主な菌の種類は善玉菌、悪玉菌、日和見菌となります。善玉菌とは、人体に良い影響を与える菌です。

例えば、皆さんがよく聞くだろうビフィズス菌や乳酸菌などです。

悪玉菌とは善玉菌の逆で、人体に悪い影響を与える菌です。そして日和見菌とは善玉菌でも悪玉菌でもない菌のことです。

日和見菌は「日和見」の意味通り、善玉菌、悪玉菌のどちらか優勢な方につくのが特徴です。理想的な腸内環境は、善玉菌:悪玉菌:日和菌=2:1:7であると言われています。

ただ、普段の生活の中で善玉菌の摂取を意識しなければ、この理想的な腸内環境はなかなか実現できることではありません。なので、日頃の食生活の中にヨーグルトなどの善玉菌が入った食品を取り入れていきましょう。また、善玉菌のエサとなる野菜やごはんといった、食物繊維・炭水化物を摂ることも意識しましょう。