TOP > 不妊治療について > 不妊治療だけに頼らない!~毎日自分でできることがある~
▽スポンサードサーチ


不妊治療だけに頼らない!~毎日自分でできることがある~

妊娠力UPのためにできることは不妊治療だけではありません。毎日自分でできることもあります。それは、「健康的な生活を心がけること」です。当たり前だと思うかもしれませんが、不健康な生活が不妊に影響を及ぼすことが数々の研究結果で知られています。例えば、適度な運動・栄養豊富な食生活で妊娠する確率が高まります。逆に肥満や喫煙、ストレスを溜め過ぎることが不妊につながります。

適度な運動は、ウォーキングがおすすめです。ウォーキングをすることは血行促進効果があります。また、運動をすることで肥満解消やストレス発散にもなります。その他、ウォーキングで外に出て、日光を浴びることでセロトニンという物質が増加します。

セロトニンは精神安定に役立つ物質で、ストレスに強くなることも考えられます。他にもセロトニンは睡眠の質を高めるのにも役立ちます。そして、睡眠の質が高まると肥満になりにくいです。

ですから、ウォーキングはいいことづくめの運動だと思います。ただ、どの運動にしてもやり過ぎは禁物ですから、無理のない範囲でウォーキングも行っていきましょう。

栄養豊富な食生活をするなかで直接的に妊娠力UPに影響するのは、ビタミンE、亜鉛、大豆イソフラボン、セレンなどです。これらは生殖機能を高めたり、不足すると不妊症を誘発すると考えられている栄養素となります。

これらが多く含まれている食品は、
ビタミンE・・・かぼちゃ、アロエ
亜鉛・・・牡蠣、黒ゴマ
大豆イソフラボン・・・納豆、大豆
セレン・・・玉子
などになります。もちろん、他の栄養素も健康的な生活を送るためには大切です。なので、妊娠力を高める食品を含めたバランスの良い食生活を送りましょう。