TOP > 不妊治療について > 不妊治療とマッサージ
▽スポンサードサーチ


不妊治療とマッサージ

東洋医学の中で、最も私たちの身近にある療法といえば鍼灸治療かもしれません。しかし東洋医学では鍼灸治療以外にも、様々な身体的疾病を治癒する療法があります。それがマッサージです。
鍼灸治療は鍼でツボに刺激を与えることによって、身体の機能的循環を活性化(=改善)します。実は、マッサージも鍼灸治療と非常に良く似た治療法ともいえるのです。何故なら、マッサージは手技でツボに刺激を与えることによって、身体の循環機能を高めているからです。(事実、私たちはマッサージを施術してもらうだけで、身体が随分楽になります。)
そしてマッサージには、不妊治療にも効果があることがわかっています。一体、マッサージは不妊治療に対して、どのような効果(=改善)があるのでしょうか。多くの女性にみられる症状の中に、手足の冷え症があります。この冷え症、手足に限ったわけではありません。女性の腹部にもよくみられる症状なのです。しかし手足の冷え症と違い、表面に出ている部分ではないため気付きにくい状態にあります。実は、腹部の冷え症が不妊と密接な関係にあることがわかっているのです(=腹部の冷え症といっても、腹部の表面ではありません)。
骨盤を取り囲む腹部の体液(=血液・リンパ液)循環の悪さが、不妊を引き起こしているのです。腹部の体液悪循環(=冷え)によって、骨盤内の深部温度が不安定に→つまり骨盤が冷えることによって、様々な機能に弊害が起こりやすくなっています。例えば不妊症の女性の腹部を触診すると、ある傾向がみられます…腹部が張っている/腹部が弛んでいる等々…
こうした状態は、腹部の体液悪循環の女性に見受けられる症状です。不妊症の女性はマッサージを施術してもらうことよって、腹部の体液環境が改善→骨盤内の温度も安定し、骨盤内の性器機能も改善(=子宮や卵巣の働きが活発に戻る)→身体全体の自律神経バランスも改善されることによって、本来の機能を取り戻すことができます。(ホルモンバランスが改善されることによって、生理痛・生理不順・卵子の育成など、様々な生殖機能が本来の動きを取り戻すことができます。)
私たちはマッサージという言葉を聞くと、「誰でも簡単にできる」イメージを持っているかもしれません。しかし下手をすると、マッサージは一層身体を悪くすることになります。だからこそ、しっかりした治療院でマッサージの施術を受ける必要があるのです。
不妊に悩まれている女性…特に不妊期間が長い女性にとって、マッサージは非常に効果がある治療法です。