TOP > 妊娠と不妊症について考える > 不妊治療だけに頼らない!~質の良い睡眠取ってますか?~

不妊治療だけに頼らない!~質の良い睡眠取ってますか?~

不妊治療の効果を最大限に活かすには、バランスの良い食事を規則正しくとって良質な睡眠を十分にとる必要があります。

質の良い睡眠とは、寝入りばなに一番深い眠り3時間、そのあと「浅い眠り(レム睡眠)+深い眠り(ノンレム睡眠)」90分の繰り返し、レム睡眠のときに目覚めると、心地よく朝を迎えられます。

初めのノンレム睡眠の時間を、成長ホルモンをはじめ、細胞を修復するホルモンが最も分泌される黄金時間(10時~2時)に迎えることができれば、身体の修復が十分になされ、内臓機能はもとより、美容の効果も期待できます。

また、レム睡眠のときに記憶の整理が行われ、ノンレム睡眠のときに脳と身体のメンテナンスが行われます。ストレスが消去されるのもノンレム睡眠時です。そのため、質の良い睡眠を十分に取ることができないと、ストレスの蓄積によって、自律神経やホルモンバランスの乱れが生じ、ますます睡眠に悪影響を与え、ますます健康から遠ざかり、悪循環になってしまいます。

質の良い睡眠のためには、朝太陽の光を浴びて脳に朝が来たことを教え、体内時計をリセットし、さらに朝食をとることで、内臓を働かせて、脳をしっかりと起こします。

朝起きて14~15時間すると、脳内にメラトニン(睡眠ホルモン)が分泌され、脳内をリラックスさせて睡眠状態に導き、良質な睡眠に入ります。

体内の睡眠サイクルを正常するために、ストレスのない生活と、寝る前の睡眠環境を整えましょう。睡眠環境とは、寝る時間の3時間前から食事をとらず、内臓や脳をリラックスした状態に導きます。心身をリラックスさせた状態で、アロマの香りや好きな音楽等に包まれて就寝前の時間を過ごしましょう。