TOP > 妊娠と不妊症について考える > 不妊症の原因を考える

不妊症の原因を考える

前項では、日本にも不妊症で頭を悩ませているカップルが大勢いて、それぞれの思いの中で「不妊治療を受ける/受けない」の選択をしていることがわかりました。
では不妊症を発症させる原因には、どのようなものがあるのか考えてみたいと思います。
まず一般論として、「不妊症の原因は、女性の身体機能に原因がある。」と考えている人が、非常に多いのではないかということです。確かに女性の身体機能が原因の場合もありますが、実は男性の身体機能に原因がある場合も結構多いのです。
例えば、WHO(世界保健機関)の不妊症に関するデータによると…

[・女性の身体機能のみに原因がある=41%、男性の身体機能のみに原因がある=24%、男女の身体機能両方に原因がある=24%、原因不明=11%]

このように男性の身体機能に原因がある場合は、想像以上に多いことがわかります。
では、男性が不妊症の原因である場合、どのようなことが考えられるのでしょうか。男性の身体機能が原因の場合、ほとんどが精子に関するケースです。

精子が少ない/精子が存在しない…(造精障害・精路通過障害・副性器障害などが挙げられます)…

また男性の身体機能に著しく関与する症状として、過度のストレスや疲労が挙げられます。
つまりストレスや疲労が蓄積することによって、インポテンツを発症する場合があるのです。もちろん、インポテンツは不妊症の原因になります。(男性の身体機能に関していえば、心因が不妊症の原因になっている場合が多いようです。)


女性が不妊症の原因である場合は、どうでしょう。女性の身体機能が原因の場合、ほとんどが子宮に関するケースです。

卵巣/子宮/子宮頸管/卵管などの障害…(排卵障害・卵管障害・子宮障害などが挙げられます)…

女性の場合、上記に明記した障害の他に精神的悩み(=ストレスや疲れ、イライラ)が、生理周期に著しい変化をもたらす場合もあります。つまり精神的悩みが負担となる→きちんとしていた生理周期がばらつく→毎月、決まった時期に生理が来なくなる…結果として、不妊症を発症する場合もあるのです。

男女の身体機能障害であれば、その障害を治療することによって、不妊症を乗り越えることもできます。
しかし男女の精神的悩みは、奥底に根差していることもあるため、治療すればすぐ治癒するというわけではありません(=長い年月が掛かる場合も)。(不妊症になったという事実が、精神的に悩みを増幅させているともいえます。)
どちらにしても、カップルが心身ともに健康に過ごす努力を重ねることが、不妊症を改善する道筋になることは間違いありません。