TOP > 妊娠と不妊症について考える > 不妊症とは

不妊症とは

先ほどの項目で触れたように日本では数多くのカップルが、赤ちゃんのできない状況に悩んでいる現状にあります。「赤ちゃんができない」…それは、不妊症を意味します。
不妊症とは、一体どんな症状なのでしょうか。
日本における不妊症の定義は、次のように記されています。
「「妊娠を希望している夫婦が、2年以上避妊をしていないにも拘わらず(=一般的な夫婦生活)、赤ちゃんができない状態」を指します。そうした不妊症の定義を踏まえたうえでいえば、日本には10組に1組の割合で不妊症に悩んでいるカップルがいることになります。(この数字は、何かしらの形で不妊症の検査/治療を受けようとしているカップルです。)さらに言うならば誰にも相談することができず(=医師にかかっていない)、赤ちゃんができない現実を悩み続けているカップルもいると考えられます。だとしたら、不妊症の数はもっと多くなると思います。
では諸外国は不妊症の定義を、どのように捉えているのでしょうか。
アメリカやイギリスの場合、「ごく普通の性交渉を1年間以上して、妊娠しない場合」を不妊症としています。ここで言えることは、日本と諸外国は不妊症に対する定義も含め、社会的見解/認知度、そして不妊カップル者の考え方もかなり違うということです。
次に、不妊症と分かった時の対応について触れてみたいと思います。
対応…それは「不妊治療を受ける」/「不妊治療を受けない」に分けられます。

○不妊治療を受ける…
不妊といっても「妊娠をする可能性がある」場合と、「個人としてまったく妊娠することができない」場合があります。しかし両方とも、それぞれ不妊治療を受ける選択肢があります。そして不妊治療の方法は、医師によって異なります。
また不妊治療を望むカップルにいえることとして、「絶対、妊娠できる」といった、過度の期待をしてはいけないということです。事実、不妊治療を受けている数多くのカップルが、以前として赤ちゃんを授かっていない現実があるからです。

○不妊治療を受けない…
もちろん、不妊治療を受けないカップルも大勢います。その理由として、「技術を駆使して、何が何でも妊娠したいとは思わない。」「現在の生活状態に満足している。」「不妊治療に掛かる高額治療費を支払う余裕がない。」等々、さまざまです。そして「妊娠することを諦めた結果、悩み/不安から解消された。」というカップルが、大勢いることも現実として捉えるべきだと思います。
もしみなさんが不妊症と判断されたら…その時は周囲の状況はもちろんのこと、自分たちのライフプランを考えたうえ、後悔のない選択をしてください。