TOP > 不妊治療について > 不妊治療だけに頼らない!~骨盤矯正で体幹のバランスを保つ~
▽スポンサードサーチ


不妊治療だけに頼らない!~骨盤矯正で体幹のバランスを保つ~

女性が骨盤矯正(=骨盤の歪みを治すこと)をすると妊娠率が上がります。

何故なら骨盤の歪みによる血行不良が妊娠に影響するからです。女性の骨盤周りの血行不良は不妊の様々な要因になりかねます。

例えば、ホルモン分泌異常を引き起こすことが挙げられます。通常時は脳から女性ホルモンを分泌する命令が出されます。しかし、骨盤周辺の血流低下が起こるとその命令を聞き入れづらくなり、子宮機能の低下につながります。

骨盤周りの血行不良は他にも、新陳代謝が落ち、体の冷える要因にもなります。体の冷えも生殖機能を低下させる一因です。これらのため不妊治療だけではなく、骨盤の歪みを治すこと、つまり骨盤矯正をすることも不妊症改善には大切なのです。

私たちは利き手利き足があり、無意識的に同じ動作を繰り返すことが多くあります。そのため、殆どの人が体の何処かに歪みが生じます。

その歪みが骨盤に出ると不妊症になりやすくなります。

よって骨盤矯正をするわけですが、その基本は「体幹のバランスを保つ」ことです。そのトレーニング方法としては体の捻り運動などがあります。また、フラフープを回すような腰を回すような運動もトレーニングとして有効です。ただ、確かにトレーニングをして体幹を鍛えることも重要です。しかし、それだけではなく、常日頃から姿勢を正すことや片方だけに体重をかけないなどの心がけも重要だと思います。

トレーニングと日頃の姿勢などの見直し、これら両面から骨盤矯正を行っていきましょう。そして、体幹のバランスを整えることで妊娠しやすい体へと変わっていきます。不妊症で悩んでいる方はまず骨盤矯正で体幹のバランスを保つことを意識してみましょう。