TOP > 不妊治療について > 東洋医学からみた不妊症の原因について
▽スポンサードサーチ


東洋医学からみた不妊症の原因について

東洋医学の真髄ともいうべき鍼灸治療…その鍼灸治療に代表される東洋医学では、不妊症をどのように捉えているのでしょうか。
この項では、不妊治療に対する鍼灸治療の考え方を含め、様々な角度から不妊症を考えてみたいと思います。東洋医学の見地から検証した場合、不妊症の原因は下記に明記する4つの原因に分類されます。

○原因その1:身体の冷え…
不妊にとって、身体の冷えは一番の原因だと考えられています。何故なら身体が冷えると血液循環が悪くなり、しいては人間が持っているすべての機能を低下させてしまうからです。特に女性の下半身は冷えやすく、それによって子宮・卵巣の機能が低下することで不妊症になる可能性が…。不妊症に対する鍼灸治療の第一段階として、冷えを改善することから始まります。

○原因その2:腎虚(じんきょ)…
日本では、腎は腎臓を意味しますが、東洋医学の腎は「内腎・副腎・外腎」をいいます。その中で外腎は泌尿生殖器をいい、女性は子宮・卵巣および膀胱を…そして、男性は睾丸を指します。つまり腎虚とは、泌尿生殖器機能の低下を意味します。不妊症の場合の腎虚は、生殖機能の減退→女性であれば卵巣機能不全・黄体機能不全/男性であれば精子減少症/精力減退を指します。不妊症に対する鍼灸治療の場合、腎臓の根本的治療にあたります。

○原因その3:食生活の影響…
東洋医学では、食した物によって生じる気を「後天ノ気」といいます。そして「後天ノ気」が弱まれば、私たちの身体に様々な影響を及ぼすといわれています。例えば、暑さのため冷たい物をたくさん食したとします。それによって胃腸などの消化器系が冷える→骨盤も冷えることによって、子宮・卵巣も冷える→結果として、女性ホルモンのバランスを乱し、不妊症を引き起こすことに…。鍼灸治療では、そうした食生活改善のための治療も行っています。

○原因その4:お血(おけつ)…
東洋医学では、身体は「気・血・水」のバランスによって成り立っていると考えられています。お血(おけつ)は字の如く、血流の悪循環をいいます。血流が悪循環を引き起こすと、身体全体の機能に影響を及ぼすことになります。特に、女性の場合は深刻です。何故ならお血(おけつ)になると、子宮・卵巣に排卵障害や生理不順を発症…酷い症状の場合は、子宮筋腫や子宮内膜症・卵巣のう腫などを発症する可能性があるからです。鍼灸治療はそうした疾病を発症しないように、血液循環を活性化させる治療も行います。
このように東洋医学(=鍼灸治療)は、独自の観点から不妊症に対しての治療を行っています。
そして不妊症に悩んでいる多くの人が、鍼灸治療によって嬉しい結果を授かっています。